So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

エゴグラムの診断やったら、とんでもない結果が出た


スポンサーリンク





昨日1人で「エゴグラム」っていう心理分析やったんですよ。

これ最初の会社入った時の、ストレス研修みたいなので受けさせられました。

んで、それ以来かな…やったらまぁ悲惨な結果が出まして…

僕、最初の会社でうつ病になったんですけど、

エゴグラムさんのいうことにゃ、

「あなたの今の心理状態、主体性では、働いても何の成果も

挙げられないどころか、人に肩を並べることすらできません。」

こんなん言われたら凹みますよね(苦笑)

自信をつけ直すことが急務だそうで、

そうしないと彼女もできないみたいなことが書いてありました。

ムダに恋愛アドバイスまでサンキューなんですけど、

非常に大きなお世話です、そこは困ってねぇから(笑)

自信の回復…

うーん、根拠のない自信なんか持ってても男としてウザいと思うし、

自信なんか無理矢理つけなくても生きていけるような気がしますよ?

与沢翼さんのコラム「私の嫌いなタイプ」を読んだ感想


スポンサーリンク





与沢翼さんはネットの世界では、それはまぁ有名なお方で、
元暴走族で早稲田卒の破天荒な起業家さんですが、
その与沢さんのメルマガコラムを読んでいて、反省したことを書きます。

与沢さんの嫌いなタイプは、
「稼ぐノウハウ目当てで自分に近づいてくる奴」だそうで、
儲けると言い寄ってくる人が多くてうっとうしいんだとか。

確かに「お前誰やねん」って話ですし、
何かしらのノウハウを聞き出そうと思って近づいて来てるのは、
明らかなわけですから、まぁ信用できないしウザいですよね…。
(だから、与沢さんは日本人はもう雇わないことに決めたそうです)

与沢さんを昔知っていた人や、昔仲良かったキャバ嬢とかが、
突然連絡をよこしてくるのにも怒ってました。

それを読んでハッとなって、僕が自分の行いを反省するのですが、
どうしても寂しい時とかに、前に仲良くしてた女の子についつい
連絡をしてしまう残念な癖が僕にはあって、またご飯行こうよ!
みたいなことを電話やLINEで言っちゃうんですよね…
単に欲望がK点を超えただけという、完全なる僕の自己都合です。
最低です。

向こうには向こうの時間があって、今の人間関係があるわけだから、
やっぱりこれは良くない!やめようと思いました。

ただ…
新しい出会いで何とかしようとするのも結局は違う気がするんだけど、
フラストレーションからは一体どうやったら自由になると言うか、
どうすればフラストレーションと仲良く付き合えるんだろう??
と男の永遠の課題と心の中で戦う土曜日の朝。

とにもかくにも今後、昔の女に連絡するのはやめます。

以上、感想という名の決意表明でした。

川島和正さんのメルマガを久しぶりに読んでみた感想


スポンサーリンク





川島さんは有名な年収1億円ブロガー

メルマガ読者30万人以上だったかな、検索すりゃすぐ出てくる。

メルマガは捨てアドに大量に保管してあるが滅多に開かない。

でも、今日は気が向いて読んでみた。

タイトルは「性欲食欲睡眠欲を悪者扱いするな」

これ僕が思いっきりやってることじゃないか!?

①性欲→自己処理は時間のムダ

②食欲→最近基礎代謝が落ちて太ってきた

③睡眠欲→寝たら怠けてる感じがする

↑多分全部間違っている!

実際問題、絶対に全部必要なことだとは

なんとなくわかってるんだけど、

なぜかこっちの思考の方が強い。

だから生きてるのが苦しい(笑)

川島さんの1通のメルマガを読んだことが、いいきっかけになるといい。

上手いコト開放できたらどんなに幸せだろうと心から思ってるから。

昨日、芸能人の美女に添い寝してもらって思ったこと。


スポンサーリンク





普通に考えたら、普通に生きていたら、有り得ない話だが、
昨日僕は、芸能人の美女に添い寝をしてもらうという経験をした。

もちろん誰とは言えないのが悲しいところだが、
参考までにどれくらい美女かと言っておくと、
100人男がいたら90人は可愛いっ!て言うであろう美女です。

なんて言うかな…
これは自分でもビックリしたんだが、
その子がただ隣いるってだけであそこまで自分が興奮というか、
満たされた気持ちになるなんて思っていなかった。

僕は恋愛経験はまぁ少ない方ではないので、
たかが添い寝ぐらいで心が動くなんてことはないと思っていた。
これもこれまでの僕の経験からしたら、有り得ない話。

恋愛経験が少ない方ではないとは言っても、
やっぱり一般人の恋愛だから、
可愛い…うーん、雰囲気は可愛いよね」というレベルの話。

可愛いだけでは収まらないような明らかな美女!
というレベルの女性を自分の隣に寝かせてしまった経験は、
僕の今後の女性の選考基準を大きく狂わせてしまうかもしれない。

もちろん深追いしたりハマったりしないで、もう昨日の事は
思い出として心にしまっておこうというスタンスですけど。

ただ、見た目に大してこだわりが薄かった僕が1つ思ったこと…
男が本能的に求める女は、見た目(顔、スタイル)がいい女である。

この要素が、自分の脳に完全に追加されてしまった。
今後自分は毎回妥協をしていくだけになると思う(笑)

- |2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。