So-net無料ブログ作成
検索選択

歴史上の偉人たちの中で童貞のまま最期を迎えた男性はいるのか?


スポンサーリンク





「雨にも負けず」を書いた宮沢賢治さんは有名ですよね?

僕調べたことあるんですよ。

中学の国語の授業で「雨にも負けず」の詩を読んだ時に

いくら強くて何にも負けなくても、

結局男は性欲に勝てないんだよな…とか思ったんです。

嫌な中学生でしょ?笑

で、調べたら宮沢賢治は本当に生涯貞操を貫いたんですよね。

こりゃすげぇや!と思いましたね。

僕の中での「雨にも負けず」の説得力は数百倍になりましたね(笑)

宮沢賢治は、射精すら拒み続けていたようで、

体温が高くなると性欲が湧いてきてしまうと言って

冷たい水を頭からかぶっていたいたそうですよ。

僕も男だから欲望の大きさは身をもって体感しまくっていますので

(僕は全敗ですけどね 笑)

この苦労には本当に頭が下がりますね…

日本で明らかになっているのは、宮沢賢治の他には

吉田松陰と正岡子規がそうだったといわれますね。

世界だと「不思議の国のアリス」の作者のルイスキャロル

子供のための童話を書くには、確かに…!!って思いますね。

経験したら書けなくなりそうですもん。

あと、有名どころだとベートーベン

ストイックすぎる感じが肖像画からも滲み出てますね。

やっぱり生み出す職業の人が多いです。

1回でも経験するとそれに支配されて、

価値観変わってしまいますからね…

ドイツヒトラーも愛人はいたけれどプラトニックな関係のままで、

生涯経験しなかった説があります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。